アカカンガルー

学名;Macropus rufus
有袋目・カンガルー科
原産地;オーストラリア

オーストラリアの東端と西端、及び北端と東岸の拓けた草原地帯に群れを作って棲んでいます。カンガルーの中で最も大きな種類です。繁殖期は決まっておらず、2㎝程の未熟な状態で生まれてきた仔どもをおなかの袋の中で母親は6ヶ月間育てます。袋から出た仔は1年位まで顔を袋の中に入れて授乳します。太くて長い後ろ肢は、キックと跳躍が可能でジャンプ幅8m、高さ2.5mを超えます。太くて重い尾は跳躍時と後ろ肢で立ち上がった時のバランスをとるのに重要です。雄には袋が無く、仔育てはしません。

どうぶつクイズ  ◆答え◆は下に!

【問題①】 カンガルーはどのくらいの距離を飛べる?
【問題②】 お母さんの袋の大きさは?



【答え①】 真上には2メートル、まん前には9メートルも飛ぶことができます。
【答え②】 ランドセルが1つ入るくらての大きさがあります。

「ヨーデルの森」ホームページ